もしもの自体は神対応で回避|蓄電池を設置して電気代カットを図る

作業員

外壁の寿命をリサーチ

塗装

建物の外壁は、外部の自然災害や何らかの影響を直に受けてしまうため、内壁に比べ劣化スピードがどうしても早くなってしまいます。目安として、築7~8年くらいで一度外壁塗装を行なっておいたほうが良いとされています。もしダメージがひどい場合は、修理を行なうという選択肢も検討しましょう。外壁はその建物を印象づける大事な場所です。色あせてしまったりところどころ塗料が剥げてしまったりしているだけで、良くない印象を与えてしまいます。自宅であっても会社であっても、良くない印象を与えてしまうと知人や取引先の相手との関係に何らかの影響を与えてしまいかねません。関係にヒビが入ってしまう前に、早い内に手を打っておきましょう。

築7~8年くらいが外壁塗装の目安の時期とされていますが、これはあくまで「目安」です。場合によってはすぐにでもやっておいたほうが良いケースがあります。まず、外壁が雨に濡れると変色してしまう場合。この状況を目の当たりにしたら、すぐに業者に依頼して外壁塗装をしてもらいましょう。また、塗料が剥がれていたり下地が露出している状況もあまり良くありません。そして、外壁の表面に小さな穴がいくつも出来てしまっている状況も良くない状況と言ってよいでしょう。これらのケースの内いずれか1つでも当てはまるという場合は、すぐに専門業者に外壁塗装の依頼を出しましょう。見積もりから出してくれるので、どのくらいの費用が必要になるか事前に知ることができます。キャンペーン期間中であれば通常価格より安く施工してもらえるかもしれないので、公式サイトや口コミサイトをいろいろ調べた上で業者を選んでみるというのも良いかもしれません。